zitensya

自転車タクシーでポケストップ巡り!タマゴの孵化もできて一石二鳥!


 先日のアップデートによって、持ち主の移動速度が一定を超えるとエラーメッセージが表示されるようになった「ポケモンGO」。大阪府大阪市の自転車タクシー「ベロタクシー大阪」が提案している、ポケモンGOをプレイしながら密集したポケストップを巡る乗車プランがTwitterで注目を集めています。

記事元

半径100メートル以内にポケストップが54個集まっている天保山エリアを、1人30分1000円で周遊するというプラン。同エリアはミニリュウやポリゴン、カビゴンといったレアポケモンが出てくるそうです。乗車すれば障害物を気にせずプレイできる上に、時速10キロ以下のためゲーム内で移動速度の制限に引っかからず卵をふかさせることも可能。自転車タクシーってポケモンGOを楽して安全にプレイするのにぴったりだ!

「ベロタクシー大阪」を運営する大阪市コミュニティ協会によると、タクシーはベロタクシージャパンと協同して今年7月末から天保山エリアでスタート。普段は1人5分程度300円で運行し、海遊館・天保山公園間を利用する人が多いそうです。担当者が乗車しながら「ポケモンGO」を遊んでみたところスピードがちょうど良かったらしく、歩きスマホをするよりは……ということで8月5日から同プランを始めました。

10日にプランを告知したツイートが1300回以上リツイートされるなど話題になり、「これはイイネ!」「うまいなー、これこそうまく稼ぐってやつだよなー」とサービスや商売方法に評判の声があがっています。すでに3組の客が利用しており、徒歩でのポケモンGOの休憩がてらモンスターボールも集めたいため乗車してきた男性2人組もいたそうです。

ルートは応相談ですが、天保山公園の中など自転車タクシーが入れないところにポケストップがある場合は、運転手に待ってもらいながら好きに降りることも可能。1度に大人2人と子ども1人までなら乗車でき、小学生未満は運賃無料となります。運行日時は現在、土日の14時ごろ以降のみ。

「天保山エリアは天保山公園や海遊館以外にもおもしろいスポットがたくさんあります。自転車タクシーでポケモンGOを遊んでもらいながら、そうしたところにも気づいてもらえたらうれしいですね。一方で今エリアでは歩きスマホと自転車スマホ、路駐が多く、とうとうパトカーが常駐するようになりました。エリアへポケモンGOをしにくる際は、マナーにも気をつけていただけたらと思います」(ベロタクシー大阪担当者)。


ポケモンGO人気をうまく取り入れた画期的なサービスですね。

面倒なたまご孵化にも役立つのでかなり効率があがるのではないでしょうか。

これからはポケモンGOを利用した地方の盛り上げが期待されますね。

zitensya

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA